痛風予防・改善ガイドトップ > 薬物療法

通風の薬物療法

通風の薬物療法では高尿酸血症を改善することを目的としています。つまり腎機能障害、動脈硬化症、尿路結石などの予防にもなるのです。使用する薬剤は尿酸合成阻害薬、尿酸排せつ促進薬、痛風発生停止薬、非ステロイド抗炎症薬です。高い治療効果が期待できますが、一方で発作を助長することもあります。これは急激に尿酸値が下がることで結晶がはがれ易くなるためです。ただし、発作に対処する薬剤もありますので心配な方はこちらの薬剤を使用するといいでしょう。

尿酸値をコントロールすることが大切
薬物によって尿酸値を下げることを意味しています。主に尿酸生成抑制薬や尿酸排せつ促進薬が使われているようです。
痛風発作時の治療
痛風発作の治療では炎症を抑える抗炎症薬を服用しますが、効果が認められない場合にはステロイド療法も用いられます。
薬物療法
痛風の薬物療法では尿酸合成阻害薬、尿酸排せつ促進薬、痛風発生停止薬、非ステロイド抗炎症薬などが用いられています。
尿酸排泄促進薬
名称の通り排泄を促す薬です。尿酸排せつを促進する事で血清尿酸値をさげることが出来ます。ていきます。
尿酸生成抑制薬
尿酸生成抑制薬は体内で合成される尿酸を抑える作用を持ちます。代表的な薬剤はアロプリノールです。
薬物療法による痛風発作について
尿酸降下薬の効果により尿酸値の大きな差が生まれ、痛風発作が起こるケースがあります。統計では治療開始後、半年以内に4割の方が体験するようです。

Copyright (C) 中高年の病気や症状 All Rights Reserved. ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。