トップページへ 運動療法激しい運動は尿酸値を上げるので注意

激しい運動は尿酸値を上げるので注意
痛風の方は大量に食べて、ハードに活動するイメージが強いです。
つまり、痛風になる方は、「運動が大切です。」と言われると、かえって激しく運動をしてしまいがちです。このような活動は結果的に尿酸値があがってしまいますので気をつけましょう。

尿酸値をあげる激しい運動

まじめな方は「痛風には運動が良いです。」と言われると、はりきって運動したり悲壮感にとらわれながら運動されるかもしれません。
特に痛風の方はエネルギッシュな方が多く、ついつい激しい運動をしてしまいがちです。
そうすると、かえって尿酸値があがり、痛風発作にみまわれるといった笑えない状況が生まれます。そうならないように、なぜ激しい運動が尿酸値をあげる結果を生むのか?順番にみてまいりましょう。
是非ここからの情報を活用して、痛風治療に適切な運動を適度に行って頂ければと思います。

尿酸値が上昇するプロセス

たとえば、最近全く運動をしていなかったにもかかわらず、急に長距離を走りだしたり、若いときにやっていたスポーツに、若い時の体力のイメージのまま取り組むなどの、激しい運動を行うと体内では、臓器器官の新陳代謝が活発になり、通常よりも早く尿酸が増えます。
それにともなって、一気に尿酸値が上昇し、痛風発作を起こしやすい状態になります。
また、激しい運動は大量の発汗をおこし、体内の水分が減ってしまい腎臓に負担がかかることで、尿酸値も上昇します。その他筋肉疲労から発生する乳酸も尿酸排出を低下させてしまいます。

適度な運動を末永く行う

「激しい運動が尿酸値をあげる。」と聞くと、かえって運動しない方がいいのではないのかと思う方もいらっしゃる事でしょう。
もちろん運動したほうがよいです。ただし適度な運動にしてください。尿酸値をあげる危険性が高い運動、たとえば瞬発力が必要とされる無酸素運動はさけましょう。
あと痛風の方は、飲みすぎ、食べすぎ、働きすぎの傾向があり、運動もついつい激しいものになってしまいがちです。運動のコツは、たまにしかできないものではなく、継続してできるものを選ぶ事が大切です。

スポンサードリンク


Copyright (C) 中高年の病気や症状 All Rights Reserved. ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。