痛風予防・改善ガイドトップ > 運動療法

通風の運動療法

運動療法は通風だけでなく、高血圧、高脂質など生活習慣病の予防にも役立つものです。健康を維持するためにも是非取り入れるようにしましょう。ポイントは軽めの運動を20分以上続けることです。ウォーキング、水泳、サイクリングなどがお勧めです。当然、長期間続けないと効果は現れません。運動を習慣付ける努力もしましょう。なお、激しい運動は尿酸値を急激に上げるリスクがありますので無酸素運動は避けた方がいいでしょう。

痛風の運動療法のポイント
運動療法のポイントはウォーキング、水泳、サイクリングなど軽めの有酸素運動を20分以上、長期間続けることです。
激しい運動は注意
激しい運動は新陳代謝を促進するため尿酸の増加を招き、痛風発作につながることもあります。運動の仕方には注意しましょう。
軽い運動による有酸素運動で痛風改善
通風にいいとされる有酸素運動はウォーキング、水泳、サイクリングなどです。運動は適度な時間と負荷で行うのがポイントです。
痛風の人が運動するときの注意点
尿酸値を上昇させる無酸素運動は避け、長時間続けられる軽めの運動が有効だといわれています。
痛風の人のウォーキングのポイント
効果的なウォーキングには、最低でも速歩で20分以上継続することが必要です。継続させるためにも習慣付けることが重要になります。
ウォーキングするときはどのくらいの心拍数が適正?
運動の際の適正な心拍は目標心拍数と最大心拍数の計算式を利用するといいでしょう。

Copyright (C) 中高年の病気や症状 All Rights Reserved. ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。