痛風予防・改善ガイドトップ > 食事療法

食事療法で知っておきたいこと

元々、通風は食事で摂取したプリン体、脂質などが原因で発症する病気です。そのため治療には食事療法が欠かせないのです。食事療法ではカロリー、脂質、プリン体の量に注意することが重要です。尿酸の分解能力を持つ抗酸化物質を多く摂取するのも有効でしょう。アルコールもは控えた方がいいのですが、どうしても飲みたい方はビールを避け、ウイスキーなどにしましょう。食事の量も大切です。必ず腹八分目で抑えるように心がけましょう。

痛風での食事療法で大事なポイント
食事療法のポイントは高カロリー、高脂質、プリン体の少ない野菜中心の食事を摂る事です。日々の食事内容を把握することも有効でしょう。
痛風の人が食べる適切な食事量とは?
適切な食事量は腹八分目、もしくは七分目です。これに適正カロリーやプリン体摂取量を加えるとよりよい食事療法になります。
痛風の人はどんな食生活がいいの?
低カロリー、抵脂質は勿論、プリン体を避けた食事が有効です。出来ればアルコール摂取も控えた方がいいでしょう。
痛風の人に良い食べ物
抗酸化物質を多く含むプルーン、赤たまねぎ、黒豆、黒ごまは尿酸を分解してくれますので積極的に摂るようにします。
減量するための調理のポイント
油を使用しない調理方法が有効ですが、煮汁やスープは飲み干さない、魚や肉の内臓は避けることも有効です。

痛風の人が食べ物で知っておきたいこと・気になること

通風治療の基本、食事療法を効果的に進めるにはいつくかのポイントを抑える必要があります。まず、プリン体を多く含むレバーや魚の内臓は避けた方がいいでしょう。当然、アルコールも控えますが、焼酎やウイスキーなら多少は飲んでも問題ありません。逆に野菜や海藻類、クエン酸を多く含むレモンや梅は尿のアルカリ化を促進させてくれます。積極的に摂るといいでしょう。

野菜や海藻をとって尿をアルカリ化に近づけよう
尿のアルカリ化をはかりたい方は、野菜や海藻類を多く摂取することをお勧めします。
お酒と痛風の関係
通風治療では禁酒が原則です。どうしても飲みたい方はビールは避け、焼酎、ウイスキーにするといいでしょう。
納豆や豆腐は食べてもいいの?
大豆はプリン体量が多い食物ですが、症状を悪化させるほどではないため適量であれば摂取しても問題ありません。
コーヒーで痛風の予防ができるの?
1日に4杯以上コーヒーを飲むと血清尿酸値が低下することがアメリカの研究で実証されています。
痛風とクエン酸の関係
クエン酸は尿のアルカリ化に働きかける重要なものです。梅干しやレモン、オレンジを積極的に摂るようにしましょう。
痛風の人は避けたい食べ物
原則はプリン体を多く含む食品を避けることです。具体的には、動物性のレバーや魚の内臓、発芽食品です。

Copyright (C) 中高年の病気や症状 All Rights Reserved. ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。