トップページへ 尿酸とプリン体高脂血症 -高尿酸血症の合併症

高脂血症 -高尿酸血症の合併症
続いて、高尿酸血症の合併症をみてまいります。ここでは、高脂血症(脂質異常症)をとりあげます。尿酸値が高く、血液中に脂まで...。正しい知識は、病気からあなたを守ります。目をそむけないようにしましょう。

生命の危機にさらされる場合も

高脂血症(2007年から脂質異常症に改称)はどんな特徴や症状がでるのでしょうか?

高脂血症はその名のとおり、血液中に中性脂肪やコレステロールが増えすぎた病気です。また、この病気も特に自覚症状がなく静かに症状が進行していきます。一般的に生活習慣病に分類されます。

経過をみると高脂血症になり、増えた脂質が血管内に付着し、動脈硬化が引きおこされます。最終的に、心臓病、脳卒中にいたる場合があります。(この段階になって、初めて病気の重さに気づきます。)高脂血症は生命の危機にさらされる可能性の高い危ない病気です。

心臓病と脳卒中

日本人の死因、第一位は言わずと知れたガンです。ここでは二位と三位である、心臓病と脳卒中をとりあげます。どちらも高脂血症から進行した動脈硬化症と深く関わる合併症です

以前もとりあげましたが、狭心症や心筋梗塞といった心臓病と脳出血、脳梗塞といった脳卒中、どちらも血管がつまるところから始まります。いかに動脈硬化症におちいらないようにするか。これが生死をわけるポイントになります。

高脂血症の段階で積極的な治療と生活改善が望まれます。また、高尿酸血症と併発(へいはつ)しているようであれば、同時にこちらも治療してください。

食事で高脂血症を予防する

まず、肥満を自覚されている方は減量しましょう。次に、高脂血症を防ぐ食事の具体的なポイントをご紹介します。

1.自分に必要な一日分の適正カロリーを知る。

2.動物性脂肪のとりすぎをひかえる。(可能であれば、肉:魚=1:2の割合になるように心がける)

3.コレステロールのとりすぎをひかえる。(一日あたり300g以下を目指しましょう。)

4.食物繊維を意識してとる。(おなかの中でコレステロール吸収をおさえる働きをします。)

5.ビタミンをたくさんとる。(コレステロールの酸化防止効果あり。動脈硬化の予防につながります。)

スポンサードリンク


Copyright (C) 中高年の病気や症状 All Rights Reserved. ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。