トップページへ 尿酸とプリン体尿酸とは?基準値など

尿酸とは?基準値など
痛風を語る上で欠かせない尿酸ですが、ここで、意外な事実をあげます。食品中のプリン体から出た尿酸よりも、体内にあるプリン体から出た尿酸のほうが多いという事実。知っていましたか?改めて、尿酸に迫ります。

尿酸に関する基礎知識

文字からのインパクトが強くマイナスの印象がぬぐえない尿酸。そんな尿酸ですが、知識をえる事で少しでも身近に感じていただきたいと思います。

尿酸を知る事は痛風の理解を助けます。まず、尿酸の基本情報をおさらいしましょう。尿酸は、体内にもともとあるプリン体や食ベ物に含まれるプリン体から燃えカスとして出された老廃物(ろうはいぶつ)です。通常、この尿酸の作られる量と体の外に出される量は一定です。

基準値としておよそ「7.0mg/dl」以内と決められています。つまり、痛風とは、血液中に基準値以上の尿酸が残っている状態です。

尿酸型たまる様々な原因

なぜ尿酸がたまってしまうのか?血液中の尿酸の量を「尿酸値」といいます。ここでは尿酸値があがる理由をみていきます。

健康な人の場合は体内の尿酸は基準値をこえる前にうまく体の外に排出され、流れがとどこおる事はありません。流れがうまくいかない結果、尿酸値は上昇します。理由としては体内で尿酸が多めにつくられてしまうケース、排出される量が少ないケース、どちらも合併しているケースがあげられます。

この尿酸値のバランスがくずれる原因はいろいろです。バランスが乱れる原因は別形の記事で紹介するとともに、予防・治療に関してもふれます。

治療は尿酸降下薬の服用が中心

さて、尿酸値が上昇する原因をおさえていきましょう。

遺伝、腎臓病、けが、やけどといったケース、食道楽、酒豪(しゅごう)、運動ぎらい(あるいは、運動のしすぎ)のケースがあげられます。前者のケースは自分ではどうしょうもない部分が大きいですが、後者のケースは自ら尿酸値をあげているといってもよさそうです。

前向きに考えると、自分で尿酸値をあげない予防が可能という事です。あわせて、病院で治療も受けましょう。治療は尿酸値をさげる「尿酸降下薬」の服用が中心です。(なお、痛風発作の際は、発作をおさえるための薬が優先されます。)

スポンサードリンク


Copyright (C) 中高年の病気や症状 All Rights Reserved. ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。