痛風予防・改善ガイドトップ > 痛風と間違えやすい病気

間違えやすい病気

足関節に痛みが走りが通風を疑ったが、検査の結果、通風ではなかった。このような経験した方もいるのではないでしょうか。実際、通風に似た症状を起す疾患は数多くあります。しかしその原因や症状には大きな違いがあるのです。素人目に病気を判断するのは困難なことだと思われますが、症状や原因を理解することで判断が可能になることもあるでしょう。生活習慣に自身がない人は、どのような疾患が間違われやすいのかを知っておくことをお勧めします。

外反母趾
足の親指が変形することで腫れや痛みが親指周辺に生じます。痛風に似た症状が現れますが実際には似て非なるものなのです。
変形性骨関節炎
軟骨の磨耗が進み骨同士がじかにこすれることで痛み出す疾患です。下半身の関節に発症しやすい傾向にあります。
関節リウマチと痛風の違い
通風は結晶化した尿酸が痛みを起すのに対し、関節リウマチは免疫が機能異常を起すことで痛みが生じます。
仮性痛風とは?
偽痛風の別名称です。カルシウムが蓄積することで結晶化し、最終的には通風に似た症状を伴うようになります。
CPPD結晶沈着症とは?
ピロリン酸カルシウムの結晶が関節にたまり痛みを起す疾患です。偽痛風の別名として知られています。

Copyright (C) 中高年の病気や症状 All Rights Reserved. ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。