トップページへ 痛風の合併症脳卒中 -痛風の合併症

脳卒中 -痛風の合併症
痛風の合併症として脳卒中を取り上げてまいります。脳卒中は脳の血管の病気をまとめた名称です。心臓病と同様に命の危険に関わる病気です。日本人の死因、第三位です。血管がつまってしまう場合と、血管が破裂する場合があります。

脳卒中とは

脳卒中とは、脳の血管障害の中でも急に発症するものをいいます。

脳の血管の中に血栓(けっせん)ができてつまってしまったり、血管自体がやぶれるといった症状をきたします。おもに、脳血管がつまるのは脳梗塞(のうこうそく)、やぶれるのは脳出血と呼びます。

現在、脳卒中のなかでも脳梗塞が60%を占めています。この脳梗塞になると、激しい頭痛、めまい、手足や顔の筋肉の麻痺(まひ)などの症状があらわれます。症状を放置すると、意識不明、最悪のケースでは死亡にいたります。(発見が遅れると死亡率が一気に高まります。)

血管のつまりが脳卒中の原因

脳卒中は脳内の血管がつまったり、やぶれたりする症状が表れる病気です。この脳卒中と痛風は共通点として、どちらも高血糖、高コレステロール、高血圧と合併している割合が高い事が広く知られています。

実は、以前にご紹介した高尿酸血症が脳卒中の発症に関わっている事が分かってきています。痛風で尿酸値が高い状態はドロドロ血液になるリスクが高くなり、血管がつまりやすい状態を生み出します。こうして脳の血管がつまってしまい、脳卒中で倒れるという結果をまねきます。

高尿酸血症の方は、脳卒中にも注意が必要です。

脳卒中の後遺症(こういしょう)

脳卒中にかかり発見が早かった場合でも、後遺症が残るケースが大半です。ここでは脳卒中の後遺症を説明してまいります。

脳卒中は脳機能の低下あるいは、一部の機能が失われるという後遺症が残ります。生命維持にかかわる、呼吸、消化、体温調整などの機能や、見る、聞く、話すといった生活に欠かせない機能、手足の動きなどが影響を受けます。つまり、脳が制御する全ての機能が影響を受けるという事です。

障害が表れる場所は脳がつまったり、出血した部分によって異なります。人によって脳卒中の後遺症が異なる理由はここにあります。

スポンサードリンク


Copyright (C) 中高年の病気や症状 All Rights Reserved. ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。