トップページへ 痛風の合併症心臓病 -痛風の合併症

心臓病 -痛風の合併症
ここからは、さらに合併症の中でもおそろしい心臓病をみていきます。痛風の魔手は、あなたの心臓をじわじわとからめとっていきます。痛風は、何と体の中心、心臓をもむしばむということです。

虚血性心疾患(きょけつせいしんしっかん)を知る!

痛風と関連性のある心臓病は、虚血性心疾患(きょけつせいしんしっかん)と言います。簡単に説明すると、心臓に血液がいかなくなる(この状態を虚血といいます。)病気です。

心臓の周りにはり巡らされた冠動脈(かんどうみゃく)が詰まって血液の流れがとどこおります。(血液の流れがとどこおるという事は、酸素の供給もとどこおるという事です。)

症状の軽いものは狭心症(きょうしんしょう)、重いものには心筋梗塞(しんきんこうそく)があげられます。狭心症の発作は一時的なものですが、くり返す事で心筋梗塞に進行します

狭心症と心筋梗塞に迫る!

狭心症と心筋梗塞に関してさらに知識をたくわえましょう。

心臓に酸素と栄養をおくりこむ冠動脈。この冠動脈が詰まってしまうと狭心症になり、症状がすすむと心筋梗塞になります。心筋梗塞は心臓の筋肉への酸素供給がストップしてしまうため、即、命に関わります。

さて、心臓病の中でも虚血性心疾患がなぜ痛風と関係するのか?お気づきの方もいらっしゃる事でしょう。答えは簡単で、痛風になると動脈硬化になりやすくなり、動脈硬化が悪化すると最終的に心筋梗塞にいたるという負の連鎖があるためです。もちろん、高血圧、高脂血症の合併も...。

虚血性心疾患の治療法

狭心症と心筋梗塞といった虚血性心疾患の治療にはいくつか方法があります。順番にご紹介しようと思います。

まず、狭心症に関しては発作時にはニトログリセリン錠が使用され、その他、血管の通りを良くする薬などが使われます。また、痛風と同じように生活習慣の改善もあわせて行っていきます。

心筋梗塞に関しては血管内に細い管を通して、詰まっている部分にアプローチし、つまりを解消する方法(血栓溶解療法、風船療法、ステント法など)や、つまっている血管をうかいさせて血流回復のための手術(冠動脈バイパス手術)が行われます。

スポンサードリンク


Copyright (C) 中高年の病気や症状 All Rights Reserved. ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。