トップページへ 痛風の合併症腎臓病と痛風の関係・痛風腎とは

腎臓病と痛風の関係・痛風腎とは
これまで、痛風とは尿酸が体内にたまる病気であると、お伝えしてきました。実は、内臓にたまる事もあります。どの臓器だと思いますか?そう、腎臓です。腎臓は、尿酸を体外に追い出す役目をになっています。この腎臓に尿酸がたまる病気を痛風腎といいます。

腎臓も痛風になる

痛風腎は、自覚症状のうすい病気です。発作時のような痛みを感じる事はありません。しかしながら、こわい病気である事は疑いようのない事実です。

体の中で、尿酸排出といった重要な役目をになう腎臓。この腎臓が痛風になってしまうのです。つまり、本来の尿酸排出ができなくなってしまい腎臓自体にたまり続けてしまうのです。

このように、門番が病気になってしまった最後の砦(とりで)の行く末は、言わずもがなでしょう。さらに、血液中の尿酸の結晶が尿管にたまり尿路結石になります。尿路結石になると下腹部や背中にきわめて激しい痛みが走ります。

腎臓に尿酸結晶がたまる

ここで痛風腎になる原因を探ってみましょう。

まず、この病気は、痛風や高尿酸血症との合併症です。尿酸値が基準値より高い方が痛風腎になる可能性があります。本来、尿酸を尿と一緒に外に出す腎臓。その腎臓に尿酸の結晶がたまってしまう病気、これが痛風腎です。

目にも見えず、自覚症状がうすいため、気づくのが遅れてしまいがちです。血尿や尿の量の減少、尿に尿酸の結晶が混じっているなどで、異常を感じる方がほとんどです。残念ですが、痛風腎は、痛風発作のようなわかりやすい声を発する事はありません。静かな悲鳴をあげるのみです。

治療の主役はあなたです

痛風から始まり、痛風発作、痛風結束、無症候性高尿酸血症と扱ってまいりました。さらに、ここに痛風腎が加わりました。この、一連の負の連鎖(れんさ)、止められるのはあなたしかいません。

医師や薬は、あくまで手助けをするだけです。あなたの心がけ次第で、これ以上の悪化を防ぐ事ができます。何もことさら難しい事ではありません。痛風の治療方法と同じです。

暴飲暴食を避け、適度な運動をし、ストレスをできるだけためないといった生活を送れば良いのです。これを継続しつつ、医師の指導の元に薬物治療をしていけば、それほどおそれる事はありません。

スポンサードリンク


Copyright (C) 中高年の病気や症状 All Rights Reserved. ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。