痛風予防・改善ガイドトップ > 痛風の合併症

他の病気との関係

通風は生活習慣が深く関係した病気です。動物性タンパク質を多く含んだ高カロリーな食事、アルコールの多量摂取、不規則な生活を続けることが原因になります。また、この悪しき習慣は他の疾患の原因にもなり、腎臓病、高血圧、高脂血症、動脈硬化など様々な疾患を併発するリスクが伴うのでス。どれも自覚症状が少ないものですが、進行すると命に関わる重篤な症状を起すため、病状には最新の注意を払うようにしましょう。

痛風腎とは?
尿酸が腎臓に蓄積されることで痛風腎を起すことがあります。尿酸値が基準値より高いことが原因です。
高血圧との関係
高血圧は併発する可能性が高い疾患です。症状を進行させないためも生活習慣の見直しが必須になります。
高脂血症との関係
通風は動物性タンパク質やアルコールの多量摂取が原因になるため、高脂血症を起こしやすくなります。
糖尿病との関係
通風が生活習慣病の一種である異常、糖尿病を発症する危険も伴います。食事、運動、ストレスには十分に注意した方がいいでしょう。
動脈硬化との関係
通風を起す状態になると血管が硬くなる動脈硬化を併発することがあります。動脈硬化は血栓の原因にもなるため注意が必要です。

主な合併症

通風は命の危険が伴う病気ではありません。しかし場合によっては心臓や脳に重篤な合併症を生じることがあります。主な合併症には脳卒中、心筋梗塞、狭心症などが考えられます。原因は尿酸値が高いことに加え、高血糖、高コレステロール、高血圧な状態が長期的に続くことだと言われています。簡単に言えば乱れた生活習慣を続けた結果なのです。通風に伴う強い痛みが体の異変を知らせるサインだという事を忘れないようにしましょう。

尿路結石
尿道に結石が形成されることで強い痛みを生じます。尿酸の増加や尿の酸性化が主な原因です。
心臓病
通風の合併症として虚血性心疾患、狭心症、心筋梗塞などの心疾患が現れることがあります。
脳卒中
尿酸値が高い状態が続くと血管が詰まりやすくなります。よって脳卒中を発症しやすくなるのです。

Copyright (C) 中高年の病気や症状 All Rights Reserved. ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。