痛風予防・改善ガイドトップ > 肥満判定法

肥満測定法

通風と肥満には強い因果関係にあります。両者とも生活習慣の乱れによって引き起こされている、どちらも高血圧・高脂質な状態であるなど共通点が多いのです。そこで通風治療では、肥満かどうかの判定を行い、場合によってダイエットが必要になるです。現在、使われてる判定方法はBMI・標準体重、ウエスト・ヒップ比、へそまわりウエスト径測定法などです。正確な数字は算出出来ませが、肥満かどうかの判断には十分な材料が揃う方法です。

標準体重を知っておこう -算出方法等-
病気への対生、ダイエットの必要性を算出する計算式です。なお、正確な体脂肪の計測には医療機関での検査が必要です。
ウエスト・ヒップ比とは? -肥満判定法-
ウエストとヒップの比率からダイエットが必要かを判断する方法です。検査では洋梨型、リンゴ型に分類していきます。
へそまわりウエスト径測定法について
タボリックシンドロームの判定に有効な方法です。へその高さに巻き尺を水平に巻いてウエストを測定します。

Copyright (C) 中高年の病気や症状 All Rights Reserved. ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。