トップページへ 検査について痛風は何科で診てもらえばいいの?

痛風は何科で診てもらえばいいの?
痛風の診察は何科でしょうか?
一見、どの科が適切なのか分かりづらいです。
「尿酸値が高い。」と言われると、内科のようですし、関節炎の症状をみれば、外科のようでもありますね。

どこに行けばいいの?


ある日、突然、痛風発作にみまわれた時にみなさんは病院へ行く事かと思います。
しかしながら、何科が適切か分からない方が多いはずです。痛風発作にかかると関節が赤黒く腫れ上がり激痛にみまわれます。

この状態にはじめて直面した方はあまりの痛みに骨折を疑うかもしれません。
骨折かもしれないと考えて、外科、整形外科の受診を考える方が出てくるはずです。あるいは、痛風に関する何らかの知識をお持ちの方は、尿酸と痛風の関係性に注目して内科を受診されるかもしれません。

まずは内科へ

痛風はあくまでも代謝の病気ですので内科で行いましょう。
ただし、都市部の大きな病院であれば、痛風を専門としている外来がある場合もあります。身近に痛風専門外来があれば、そちらを受診しましょう。

さて、激痛や腫れ上がった患部の様子から外科や整形外科を受診された方も実は間違ってはいません。一般的に医師として働いている以上、外科や整形外科の医師も痛風に関しての知識を持ち合わせています。
ただし、痛風発作が落ち着いた頃に内科に移る事をすすめられるかもしれません。

痛風は内科で治します。

痛風を内科で診てもらう理由として痛風が代謝の病気である点をあげました。
その他の理由に関して、もう少しみてまいりたいと思います。
たとえば、痛風の治療を外科や整形外科で受けた場合は「薬を出しますね。」で終わる可能性があります。痛風の本格的な治療は、初期症状(痛風発作)が治まった頃から開始されます。
治療は薬物療法、運動療法、食事療法と定期的な検査を合わせて行っていきます。
以上をふまえるとやはり内科、それもできれば痛風の診療実績の高い医療機関を受診したほうが良いです。

スポンサードリンク


Copyright (C) 中高年の病気や症状 All Rights Reserved. ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。