トップページへ 原因についてストレスと痛風の関係

ストレスと痛風の関係
私たち、現代人の中でストレスを感じない人がいたら相当珍しいはずです。多くの人たちが日夜ストレスと戦っているといっても過言ではないでしょう。ここからはストレスと痛風の結びつきに関して説明していきたいと思います。

ストレスと痛風について

痛風は食生活や、遺伝的要因も関係しています。その他にはストレスも、痛風をまねく要因をとして考えられています。

ストレスと聞いて、みなさんは、何が思い浮かびますか?たとえば、上司に叱責された、取引先の納期に間に合わない、部下と上手くコミュニケーションが取れないなど、誰しも見に覚えのある事ではないでしょうか?

こころの時代と言われる現代において、些細な事から始まるストレスの積み上げは、我々の関節にさえも重くのしかかってきます。

ストレスも関与していると言われています

現段階においてストレスが痛風を引き起こす因果関係は完全に解明されるには至っておりません。しかし、確率の問題として考えた場合には高い数値を示す事が確認されています。

人がストレスを感じた際に体内では次のような事が起っています。端的に言うと尿酸値の上昇です。これは、痛風発作をまねく危険性が高まる事を示します。

ストレスがこころの問題である以上、ストレスを上手に手なずけるのはなかなか難しい問題です。ストレスが、目には見えず、量る事も難しいといったように物理的な拠り所を我々に与えてくれないからです。

ストレスを少しでも軽減することが大切

少し前にあらゆる場所で、「空気を読め」という言葉が頻繁に交わされていました。その場の雰囲気を感じ取り、当意即妙のコミュニケーションをとる。空気を読むより自らのこころとからだの状態に目を向けたいものです。

世間や他者に同一化する事は気持ちが良く、すてきな事に感じるかもしれません。しかし、間違えた、裏切られたと感じた時のストレスは少々重く感じませんか。

日本語には世間様、よそ様といった言葉があります。あえて世間や他者からこのぐらいの距離をとる事で、少しはストレスを軽減する事ができるのではないでしょうか。

スポンサードリンク


Copyright (C) 中高年の病気や症状 All Rights Reserved. ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。