痛風予防・改善ガイドトップ > 原因について

通風の発症原因

中高年以降の男性に多く見られる通風は、尿酸が体内で結晶化し鋭利なガラス片のような状態になる疾患です。症状が進行し炎症化すると非常に強い痛みが伴います。そのため、歩くことさえ困難になることもあります様々なことが原因になり得ますが、主に生活習慣やストレス、体質など遺伝要素が関係しているようです。治療には炎症を抑える薬物療法と食事、生活習慣の見直しで対処するのが一般的です。

原因はなに?
通風は遺伝、生活習慣、ストレスなど様々なことが原因で発症する病気です。ただし、原則は尿酸値の上昇が発症要因になります。
痛風になりやすい人とは?
通風は遺伝的要素が強い病気だと言われています。若年層にも通風患者が多いのは遺伝が関係しているようです。
遺伝はするの?
中高年の男性、暴飲暴食、肥満気味、ストレスの多い生活を送っている人は通風になりやすい傾向があります。
ストレスと痛風の関係
過度なストレスは尿酸値を上昇させるため、通風の発症率を高める原因だと言われています。溜まったストレスは発散するよう心がけましょう。

Copyright (C) 中高年の病気や症状 All Rights Reserved. ※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。